■ 企業情報
 
何故、製缶がハイテクに?

小松川化工機鰍ヘ昭和21年の創立以来、化工機メーカーとして各種圧力容器、塔槽類、熱交換器の設計・製作を行ってまいりました。これらは、昔から「製缶」とよばれてきましたが、その間、弊社では並行してファインエンジニアリングをモットーに醗酵設備、食品加工設備やバイオテクノロジー設備 ー遺伝子組換えプラント、細胞大量培養設備、バイオリアクターを自社技術で設計・製作 してまいりました。弊社では、このようなSKID−MOUNTプラントの設計・製作技術は、バイオプラントを超えた普遍性を持つと考えました。
そこから、燃料電池プラント、水素吸着合金プラント、各種医薬の合成設備、半導体製造設備のようなハイテク設備の設計・製作を行ない、さらに又、ベースとなる製缶技術の向上をめざして、チタン、ハステロイといった素材を用いた反応器を製作したり、原子力機器の溶接認可を取得してまいりました。
このようにして、装置単体の設計・製作のみならず、その周辺の設備を含め、配管、電気計装工事、センサー、コンピューターまでを一貫して施工する力を養い、ユーザーの皆様のご要望にお応えしております。

 

小松川化工機株式会社 TEL:03-3862−0515(代表)
Copyright c 2002 KOMATSUGAWA CHEMICAL ENGINEERING CO.,LTD All rightsreserved.