■ 企業情報

1946年12月 当社前身 メタルスプレー工業社として発足。
1949年 小松川機工株式会社と改称。江戸川区に機械工場併設。
1952年 小松川化工機株式会社と改称。江戸川区松島に工場建設。
1957年 溶接特殊汽缶製造認可(労働省)。
資本金3,000,000円。
1959年 高圧ガス容器製造認可(通産省)。
1960年 資本金6,000,000円に増資。
1961年 埼玉県三郷市に三郷工場建設。
1963年 資本金12,000,000円に増資。
1967年 工業用酵素 メリビアーゼ生産プラントを北海道糖業鰍ノ建設
1968年 アメリカ、デンバー・コロラドGWS社に同上プラントエンジニアリング。
火力発電圧力容器製造認可(通産省)。
資本金24,000,000円に増資。
1969年 千葉県香取郡に香取工場建設。
1971年 資本金48,000,000円に増資。
1974年 船舶機関圧力容器製造認可(運輸省)。
1975年 資本金96,000,000円に増資。
1977年 工業用酵素 グルコース・イソメラーゼの培養精製プラントを海外に建設。
1979年 コーンスターチ液化・糖化プラント、ベーカーイースト生産プラントを海外に建設。
1980年 千代田区岩本町に本社移転。資本金1億円。
1981年頃より 遺伝子組換えプラントの受注、工業用酵素プラントの受注相次ぐ。
1983年 関連会社 慨K保善社を設立。
1984年 三郷工場内に生化学研究所(第1期分)を建設。
1985年 理化学研究所、兜x士ファコム制御と共同でバイオセンサー、プロセスコントロールシステムに関する研究完成。この頃より、SKID-MOUNTプラントの受注相次ぐ。
1986年 関連会社潟Iートマチックシステムリサーチを設立。
1989年 動物細胞大量培養設備(200〜2000L)の製作。
1990年 関連会社 ケーシーイーメンテナンス鰍設立。
1992年から
1994年
医療プラント(錠剤、無菌製剤、ワクチン等)の受注相次ぐ。(バリデーションの実施)。
1998年から
2000年

ITブームによる電解研磨、反応缶、タンク類の製作が増加。ハステロイ、チタン、ニッケル製反応缶の受注増加。

2001年 150M3Vogelbuch Type 培養装置建設。
晦SRが研究開発してきた蛍光式酸素センサー及びレーザー反射光式濁度センサーの商品化。
2002年 バイオテクノロジーブーム。DCSシステムによるジャーファーメンターの高度制御。
大型動物細胞培養槽の建設。
2003年 抗体薬生産用大型動物細胞培養装置の建設。
電解研磨 反応缶の内面処理の高度化。
2004年 抗体薬生産プラントの設計・製作、バリデーション。
国内最大規模動物細胞培養槽の設計・製作。
2005年から
2006年
景気回復にともない、半導体/液晶用反応・精製槽・熱交換器の設計・製作の増加。
ファインケミカル関係の新増設設備の受注増。
三郷工場、香取工場の整備。
2007年から
2008年
整腸剤、胃腸薬等のバイオ設備/医薬設備の建設、バリデーションを実施。
三郷工場、香取工場の整備・高度化。
EPタンク及びEPスキッドマウント設備対応。
2009年

抗体薬用動物細胞培養ユニットプラント建設の増加。

2010年 抗体薬用動物細胞培養/精製ユニットプラントの建設が続く。
2011年

200M3大型ファーメンターの建設。
動物細胞培養によるワクチン精算ユニットプラント。



創業  昭和21年12月
資本金 1億円
代表取締役社長 川村 欽一

 

小松川化工機株式会社 TEL:03-3862−0515(代表)
Copyright c 2002 KOMATSUGAWA CHEMICAL ENGINEERING CO.,LTD All rightsreserved.